【汚名 上下】歳をとっても丸くならないハリー・ボッシュが格好いい

「汚名 上下」 マイクル・コナリー:著 講談社

ストーリー

サンフェルナンド市警の予備刑事として未解決事件捜査に当たっているハリー・ボッシュ

30年ほど前にボッシュが担当した事件が再審が開かれることになる。

連続殺人犯プレストン・ボーダーズにとって有利になる、新証拠が発見されたのだ。

昔の信頼しあったパートナー、ルシア・ソトがその担当のため、ボッシュとしては複雑だ。

リンカーン弁護士、ボッシュの異父兄弟であるミッキー・ハラーにボッシュは相談するが、ボーダーズ事件の真相はいかに?!

並行して、薬局で残忍な銃殺事件が起こりその背景には大きな組織が見え隠れする。

組織のアジトを突き止め、親玉を逮捕する証拠を手に入れるため、薬中毒者に扮しボッシュが潜入捜査につくことに。



プラス情報

マイクル・コナリー
Michael Connelly:1956年生まれ。LAタイムズ元記者。代表作としてはボッシュ・シリーズ、リンカーン弁護士シリーズ

ボッシュ・シリーズはAmazonプライムビデオでドラマ化 【BOSCH / ボッシュ 】
リンカーン弁護士シリーズは映画化 リンカーン弁護士 (字幕版)

古沢 嘉通
コナリー作品の多くを翻訳

正義の弧 上下は講談社文庫2023/7/14マイクル・コナリー著,古沢嘉通翻訳

【 正義の孤 上下 】ボッシュの思い、デザート・スターは砂漠に咲く花

2023年9月26日
ダーク・アワーズ(上) (下)講談社文庫2022/12/15 マイクル・コナリー著,古沢 嘉通翻訳

【 ダークアワーズ 上下 】ボッシュとバラードの新しい戦い、次作へのエピローグ?!

2023年4月3日
鬼火(上下)講談社文庫2021/7/15マイクル・コナリー著,古沢嘉通 翻訳

【 鬼火 上下巻】ボッシュとバラードペア 怒涛のアグレッシブな第2弾は超オススメ!!

2021年10月15日
「汚名 上下」 マイクル・コナリー:著講談社【BOSCH / ボッシュ 】ハリー・ボッシュシリーズ

【汚名 上下】歳をとっても丸くならないハリー・ボッシュが格好いい

2020年11月3日
マイクル・コナリーアメリカ合衆国作家ロサンゼルス市警察が舞台の刑事ハリー・ボッシュシリーズドラマ、ミステリー小説ハードボイルド小説原作

【BOSCH / ボッシュ 】低温で燃え続ける、清濁併せ呑む刑事の魅力

2020年8月3日
レイトショー 2020/2/14マイクル・コナリー(著)、古沢 嘉通 (翻訳)

【レイトショー 上下 】骨太女性刑事のマイクル・コナリー新シリーズ

2020年6月15日



読むネコポイント

マイクル・コナリーの新刊です。ボッシュシリーズはずっと読み続けています。

今回は、読み進むうちに「あれ?これ知っているぞ」とデジャブー状態に。

AmazonPrimeビデオ 【BOSCH / ボッシュ 】 シーズン5

をつい最近見たばかり! 先にドラマでみてしまっていたんです!!

いやいやいや・・・ やっちまいました。

できれば本専攻で読みたい派でしたが、意外なメリットもありました。

ドラマで分からなかった部分やなんとなく流してしまっていたところなどが、

文章で補強され、新鮮な感覚で読むことができました。



ドラマも良し、本もよし、どちらも面白いボッシュシリーズ。

今回は、サンフェルナンド署で居場所を獲得したボッシュに、災難が降りかかります。

過去の事件で、証拠捏造をし間違った犯人を挙げたのではないかと再捜査の審問が開かれることに。

申し立てをしている弁護士と犯人であるボーダーズは限りなく怪しいですが、その証拠が掴めない。

周りからの汚職警官のレッテルを貼られそうになる中、別の事件が勃発。

ドラッグ絡みの組織的犯罪であることが見えてきて、ボッシュは劣り捜査員として組織に潜入しなければならなくなります。

全く違う事件が並行して進み、ボッシュはやっぱり大変です。

ミッキーが潤滑油となりいい味出しています。ちゃんと活躍もします w

ボッシュは相変わらず危なっかしい橋を渡りっぱなし

歳をとってもちっとも妥協しないところが、まさしくこのシリーズの真髄です。

ストーリーの最後には次への伏線が、、  次の作品が待ち遠しいです。