【メインテーマは殺人】やはりボリューム満点お腹いっぱい

メインテーマは殺人、創元推理文庫2019/9/28、アンソニー・ホロヴィッツ:著,山田 蘭:翻訳

画像大
メインテーマは殺人、創元推理文庫2019/9/28、アンソニー・ホロヴィッツ:著,山田 蘭:翻訳

「メインテーマは殺人」 アンソニー・ホロヴィッツ:著 東京創元社

ストーリー

自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は、自分が殺されると知っていたのか?作家のわたし、ホロヴィッツはドラマの脚本執筆で知りあった元刑事ホーソーンから、この奇妙な事件を捜査する自分を本にしないかと誘われる…。自らをワトスン役に配した、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ!7冠制覇の『カササギ殺人事件』に並ぶ傑作!

引用: 「BOOK」データベース

読むネコポイント

第1位『このミステリーがすごい! 2020年版』海外編、それも2年連続1位の著者(前年は「カササギ殺人事件」)。

ノリに乗っており、こちらの作品もやはり、良くできています。

ホームズで言うところのワトソン君が、この作品では著者でもあるアンソニー・ホロヴィッツさんです。

自分勝手だけれど頭の切れる元刑事(現ロンドン警察顧問)ホーソーンに、アンソニーは翻弄されつつ、事件と彼の魅力に取り憑かれていきます。

その他、スピルバーグや指輪物語の監督など、実名で出てくるサービス精神で

「カササギ殺人事件 上下」の時とおんなじで、お腹いっぱいの内容です。


葬儀社で事前に葬儀の申し込みをした女性が、その日のうちに殺される、ところからストーリーがスタート。

彼女が過去におこした交通事故、ハリウッドで俳優として成功を収める彼女の息子、劇場プロデューサーの詐欺、が絡まり合うなか

第二の殺人が起こってしまいます。

面倒臭い性格のホーソーンと、それを毒づきながらもペアとしてアンソニーがカバー(邪魔?!)しつつ、事件の真相に迫っていきます。

全体に漂う上品で、ブラックユーモアな雰囲気はイギリスならではでしょう。

派手なアクションシーンや、大どんでん返しはありませんが、巧みなプロットで一気に読み進めたくなる作品です。

個人的には、まあ良くある感じのミステリー、構成が上手いと思わずにはいられない本でした。

ここまで評価が高いのは、読みやすい文体とわかりやすい内容だからですかね。

シリーズ10作決定(きっと映像化にもなるんだろうな〜と)。

ドラマや映画は、俳優にもよりますが映えそうですね。

created by Rinker
東京創元社
¥217 (2020/07/02 20:32:55時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ本

【メインテーマは殺人】に興味を持った方には、次の小説もおすすめです。
 

♞「カササギ殺人事件 上下」

「カササギ殺人事件 上下」今更ですが面白いしよく出来てる、けど・・


 

♞「パリ警視庁迷宮捜査班」

「パリ警視庁迷宮捜査班」ほんわりしたフランス版 Closer


 

♞「カルカッタの殺人」

「カルカッタの殺人」英国統治下のインドを印度系英国人2世が描く意義