【 キュレーターの殺人 】ワシントン・ポーシリーズ3作目は読まないと損だよ!!

「キュレーターの殺人」M・W・クレイヴン:著 早川書房

ストーリー

英国、カンブリア州、国家犯罪対策庁の重大犯罪分析課(NCA SCAS)の部長刑事ポーのもとに事件が舞い込む。

クリスマスイブ、切り取られた二本の指がパーティのプレゼントに混入、

更に、教会の洗礼盤に指が二本置かれる事件が立て続きに起きる。

共通しているのは“#BSC6”という謎の数字、そして引き続き第三の事件が、、

FBIも巻き込みながら、ポーとティリー、フランは犯人に導かれるように、イギリスのファーネス諸島へ。

さてはて、事件は解決出来るのか!?




プラス情報

M・W・クレイヴン
イギリス・カンブリア州出身の作家。軍隊、保護観察官の職を経て2015年に作家デビュー。2018年に発表した『ストーンサークルの殺人』で、英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールドダガーを受賞した

引用: 出版社より

ワシントン・ポーのシリーズ
ストーンサークルの殺人 2020 英国推理作家協会賞最優秀長篇賞 ゴールド・ダガー受賞作
ブラックサマーの殺人 2021

【ストーンサークルの殺人 】主人公ポーのシリーズ化決定!英国カンブリア州の連続殺人事件

 




読むネコポイント

毎度ながら、管理人きょまタローは前説を確かめずに本を読むので、

本を開くまで”ワシントン・ポー”シリーズと知りませんでした w

厚みのある本だな、くらいに思って読んだところ、

「うわっっマジっすか?!」と歓喜しましたよ。

めちゃくちゃ楽しみにしていた第三弾です、カンブリア警察のワシントン・ポー&ティリー・ブラッドショーシリーズ

でもって読んでみたところ、、



前作「ブラックサマーの殺人」が期待値が高すぎて「あれあれ〜??」と終わってしまったのと対照的に、

いやはや本作、1行たりとも目を離さずに読んでしまうほど、面白かったです。

【 ブラックサマーの殺人 】トリュフのことだよ!サイコパスのセレブシェフの巻です

今回の内容は、色々と込み入ってはいますが、文章がスッキリとまとまっており

大変分かりやすく読みやすい印象を持ちました。

ポーティリーの面倒な性分の説明が入らず、分かっている前提で話が進んだからだと思われます。

ティリー(ギフテッド)管理人きょまタローの脳みその分類でいうところでは、同じタイプだけに(もちろんあんな天才ではありません)

やっぱり応援し、感情移入せずにはいられないのでありました。

病理学者のエステル・ドイルもキャラかっこよかったですね。

 
今回は「ネットを通じて人を操る犯罪」がテーマで、ダークウェブや仮想通貨などが出てきます。

チャレンジという名の下に、相手を洗脳して犯罪を起こす『キュレーター』と呼ばれる暗殺者と、ポーが対峙します。

場面は二転三転しつつも、ポーの信念とティリーの論理性によって、ストーリーがぐらつく事なくワクワクしながら読み進みました。

ポーの直感とティリーの分析力はめちゃくちゃ相性がいい上に、

相手を信頼し合っている感じが微笑ましい♡

このシリーズが人気が出るのも納得です!!

英国では四作目、五作目も出ているそうだし、スピンオフ作品もあるそう。

しばらくはワシントン・ポーのシリーズを堪能できそうなので、ただただ追いかけていくのみです!!

created by Rinker
¥1,247 (2022/11/30 19:35:18時点 Amazon調べ-詳細)