【 よつばと! 】は子供時代のノスタルジーとユーモアあふれる日常マンガ

 

「よつばと!」あずま きよひこ:著 電撃コミックス

ストーリー

よつばと! ” というこのタイトル

えっ 、、どういう意味?? 」と思って読み始めたのがおよそ20年前。

5歳の緑色の髪の女の子「よつば」と、「とーちゃん」のありふれた日常が描かれたこちらのマンガ。

本当に何気ない、よつばととーちゃんのやり取りや

ごくごく誰しもが通る子供道を、

ノスタルジックな絵柄(背景や空気感の描写がホントに上手です)が、

ほのぼのとしたテンポで丁寧に表現されている作品。

隣の女子姉妹、とーちゃんの友人ジャンボなど、個性強めの良い人たちと

率直で陰日向のない「よつば」との面白くて可愛らしい日々。

自分の子供の頃に感じていた「なにか」を思い出させてくれるシリーズ。

1話が1日で進んでいきます。

13巻は、ばーちゃん(とーちゃんのかーちゃん)が家にやってきます。

14巻は、よつばはとーちゃんと初めて東京に行き、上昇志向の叔母さん(とーちゃんの妹)に会います。




プラス情報

著者:あずまきよひこ マンガ家。代表作『あずまんが大王』『よつばと!』

引用: Amazonより

よつばと! ダンボー[ミニ] 全高約85mm ノンスケール プラモデル
 




読むネコポイント

2003年から続き、息長ーーく読んでいるマンガです。

ずっーーとよつばは小さいまんまなのだけれど

1話1話少しづつ成長しているので、全然歯痒い感じはなく

むしろ自分が小さな頃は1日1時間がとても長く感じていたわけで

その感覚をこの本を読んでいると思い出すのです。

何にもすることがなくて、親も仕事とかでかまってくれない時に

部屋の真ん中でごろっと寝転びながら、窓の外の雲をじっーーとみてたりする

時が止まったような、緩やかな空気。

コマ割りや絵がうまいので、めちゃくちゃ伝わってくるのです。

 

よつばは無邪気で、時に空気をぶっ壊すような発言もするけど、

物怖じせず元気いっぱい、好奇心もいっぱい、太陽のような子です。

が、時に「やんだ」(とーちゃんの後輩♂)には結構ひどいことを言います。

やんだは精神年齢が同じくらいなので、よつばと良きライバルってことですかね w



気がつくと最新刊は今現在(2021/2/27)で15巻、まだまだずっと先まで続いていくことを願わずにはおれません。

ちなみによつばは髪の毛は緑、とーちゃんの実子ではないらしい。

物怖じもしないし外国の血が入っているのは間違い無いのですが、

そこらへんの内訳は知りたいような知りたく無いような、、

あかとりあえずよつばよ!! スクスクと育ってね!