「世界の本屋さんめぐり (私のとっておき) 」で仮想旅行に出かけよう

「世界の本屋さんめぐり (私のとっておき) 」 ナカムラ クニオ:著 産業編集センター

ストーリー

旅行先で、本屋に行くと、その国の様子が肌で感じられます。

荻窪のブックカフェ「6次元」店主カムラ クニオが書いた、世界の本屋紹介。

世界35ヵ国(アジア、ヨーロッパ、アメリカ,,,)の本屋をイラストとコラムで綴る

旅と本好きにはたまらない1冊。

プラス情報

ナカムラ/クニオ
1971年東京都生まれ。東京・荻窪にあるブックカフェ「6次元」店主。フリーランスで美術や旅番組などのディレクターとして番組制作に携わり、これまでに訪れた国は40ヵ国以上。金継ぎ作家としてROKUJIGEN KINTSUGI STUDIOを立ち上げ、全国でワークショップを開催

引用: BOOK著者紹介情報

  

読むネコポイント

本を開けてみて、びっくりです。

写真がない、、

全て絵で、世界の本屋さんの様子が描かれているのです。

表紙もよく見ると、全てイラスト。

絵であることでのメリットは、時代に左右されず、絵本のような感覚で親しめるということです。

柔らかく、温かみのあるイラストで、想像力が膨らみますね。

なんと世界35ヵ国の本屋が紹介されており、アジアの本屋などは微笑ましく、昭和を感じほっこりしてしまいました。

それぞれの国の図書館や読書事情も載っているので、日本と比べてみると興味深いです。

薄めでサイズも中判ですが、情報がたっぷり満載で、読み応えがあります。

荻窪のブックカフェ「6次元」店主のナカムラ クニオさんの、本と旅と、本屋さんへの愛が伝わってくる1冊です。

本屋巡りや、世界各国への旅行好きの人に オススメの本です。