「ブスの自信の持ち方」社会のあり方をよくしようとする建設的な提案本

「ブスの自信の持ち方」 山崎ナオコーラ:著 誠文堂新光社

ストーリー

ブス本人は変わらなくていい!
社会が変わる!

容姿差別は、気にする方が「気にしないように」と考えや容姿を変えるのではなく、加害者の方が変わる方がいいんじゃないかな。
被差別者が変わるんじゃなく、社会が変わった方がいいんじゃないかな、と書きました。

引用:山崎ナオコーラ

オススメポイント

性別や差別(マイノリティ)に対して社会はどうすべきか?
自らを「ブス」であるとし、ブス側の意見をロジックで述べている本書。

プラス情報

人のセックスを笑うな (河出文庫)

読むネコポイント

潔いいのである。

気持ちが良いくらい論理的に「ブス」について、本書の内容は進んでいきます。そこにある「ブス」は名詞であり、概念ではありません。

マイノリティーに対し、社会は住みやすく生きやすくすべきだ、と書いてあり、発達障害グレーゾーンの運営者にも、共感できるポイントが沢山あります。

タイトルのインパクトからは想像できないほど、内容は堅いくらいしっかりしています。

「多様化を肯定する社会であるべきだ」というのは、もはやブス云々の話ではなく、成熟した社会を目指す上での志そのものです。

女性エッセイは苦手意識がありましたが、勉強になる1冊でした。