【馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください】

「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください」 藤森かよこ:著 ベストセラーズ

ストーリー

死ぬ瞬間に、あなたが自分の人生を肯定できるかどうかが問題だ!元祖リバータリアンであるアイン・ランド研究の第一人者が放つ本音の「女のサバイバル術」学校では絶対に教えてくれなかった!

引用: 「BOOK」データベース


ジェーン・スーさんが警告コメント!!
====================
これは警告文です。本作はハイコンテクストで、読み手には相当のリテラシーが求められます。自信のない方は、ここで回れ右を。「馬鹿」は197回、「ブス」は154回、「貧乏」は129回出てきます。打たれ弱い人も回れ右。書かれているのは絶対の真実ではなく、著者の信条です。区別がつかない人も回れ右。世界がどう見えたら頑張れるかを、藤森さんがとことん考えた末の、愛にあふれたサバイバル術。自己憐憫に唾棄したい人向け。
====================

引用: 「Amazon」




プラス情報

藤森かよこ
1953年愛知県名古屋市生まれ。南山大学大学院文学研究科英米文学専攻博士課程満期退学。福山市立大学名誉教授で元桃山学院大学教授。元祖リバータリアン(超個人主義的自由主義)である、アメリカの国民的作家であり思想家のアイン・ランド研究の第一人者

引用: BOOK著者紹介情報より

 




読むネコポイント

今年のベスト3に入るかなと思うほど、運営者はこちらの本は面白く読めました。

題名の「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなた」というインパクトに驚いて本書を手にとったわけですが

中身を読むにつれ、至極真っ当なことが書かれており

ブス馬鹿ビンボーの言葉には引っかからず、藤森さんの愛の方を強く感じました。

基本親切じゃないと、リスクも高いのにここまで赤裸々に若年・中年・初老女性に向けての

アドバイスや本の紹介は出来ないと思うのです。

読む人自身が「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなた」なのかは、あまり本の真意には関係ないです。

文章をそのまま受け取ると

「読者に向かってなんて失礼なことをいうんだ」

「著者自身が高学歴のハイスペックで、書いてあることと矛盾している」

と思う方もいるかもしれません。

こちらの本は、馬鹿ぶすと言う言葉の裏に隠されている本質を読みとることができる人に

メッセージを送っているのかもしれません。



運営者きょまタローは持病というか生まれ持った性質があります。プロフィール

マイノリティー感を受けつつ生きてきたので 藤森かよこ さんの言う

【馬鹿ブス貧乏で生きるしかない】 と言うところをその症状に置き換えることで

本の内容が驚くほど素直に入ってきました。

著者の言わんとするところは、誰しも持っている負の部分(コンプレックスや妬み嫉み)が存在することを踏まえた上で、

さて人生100年をどう生きればいいか

藤森さんがこれまで読んだ沢山の本を紹介しつつ(広範囲の内容を網羅する読書家です)

女性ならではの目線や経験でハックを伝えてくれています。

藤森さんは既婚で子なし、元大学教授。

ご本人曰く自分自身が「馬鹿ブス貧乏で生きるしかない」そうです。


ハイスペックな方・そうでない方、

ぼんやり生きててモヤモヤ不安がある人、

年代特有な悩みに具体的な対策を取りたいけどどうしたらいいか分からない女性、

一生懸命生きているけどなんか報われない方、

いろんな価値観を知りたい好奇心旺盛な男性、

とりあえず読んでみるのがおすすめです!