【はじめるデザイン ―知識、センス、経験なしでもプロの考え方&テクニックが身に付く】でワンランク上げよう

「はじめるデザイン ―知識、センス、経験なしでもプロの考え方&テクニックが身に付く」 浅野 桜:著 技術評論社

ストーリー

1章では,広告や販促ツールを作るために必要な考え方と,道具の使い方について解説します。2章~4章では,「チラシ」「DM(ダイレクトメール)」「バナー(ウェブに表示する画像)」の作り方をそれぞれ紹介していきます。また,デザイン制作に必要なPhotoshopやIllustratorといったアプリケーションをまったく知らない人へ向けた1.5章を用意しています。それぞれのアプリケーションの基本や,筆者なりの作業のコツについて触れていますので,ぜひご覧ください。

引用: 「出版社からのコメント」

読むネコポイント

すでにイラストレーターやフォトショップの基本的な動作を理解していてる経験者だけれど

根本的にデザインのセンスがない、とか

いつも出来上がりがおんなじ仕上がりで変化がつけられない、

もうワンランクプロっぽく作りたい、

と考えている人に向けた本です。

個人事業主や中小企業のインハウスデザイナー、デザイン担当者にはお役立ち本なのではないでしょうか。


かなり絞り込まれたターゲットに向けた本ですが

運営者もまさしくそのゾーン出身で、当時資料がなくて困った経験があるだけにお勧めできる本なのです。

まずサンプルががっちりダウンロードできるので、まずはそれを使用して

DTPデザイン(印刷所に入稿するデザイン)のデーター作成方法をひと通りやってみる。

解説もかなり詳しく載っているので、初めて印刷屋さんに出す時などは

分からないとにすぐ調べることが出来ます。

独学のグラフィックデザイナー、イラストレーター(職業の方)、企業の広報担当者、など

アドビソフト ILLUSTRATOR(イラストレーター)、PHOTOSHOP(フォトショップ)を使ってはいるけれど、

少しあやふやなところを補いたいなぁと考えているセミプロの人が、読むと納得の実践本です。