「デザインの学校 これからはじめるWebデザインの本」ウェブデザイナー志望のやさしい指南書

「デザインの学校 これからはじめるWebデザインの本」 ロクナナワークショップ:著 

ストーリー

Webデザイナーの基本的かつ実践的な知識を、分かりやすく解説している指南本。

HTMLやCSS,JavaScript言語から始まり、サーバやクラウド、インターネットやコンピュータのしくみ、セキュリティなど幅広い知識が必要なウェブデザイン。

Webデザインを仕事にする上で知っておきたい便利ツール、画像・動画・フレームワーク制作・CMSを分かりやすい文章とイラストで紹介。

これからWebデザインの勉強を始めたい方に!


オススメポイント

これからWebデザインの勉強を始めたい方にわかりやすく解説。

イラストで説明しているので、本を読むのが苦手な人でもOK

本がコンパクト&薄いので手軽に読めます。



プラス情報

「デザインの学校 これからはじめる HTML & CSSの本」 千貫りこ :著



読むネコポイント

Webデザインに携わるようになって10年たちます。
駆け出しの頃は、デザインしたあとサイトは公開すれば終わりと、グラフィックと同じ感覚でいました。

少し前までは、それでもお客さんは呼べ、クライアントも満足していましたが、スマホタブレットが大普及となり、デバイスが多種類に進化。

WEBのルールがどんどん整備され、googleが躍進し、サイトのデザインと内容も向上していきます。

それにまつわる技術力がデザイナーにも必要になります。デザインするだけではなく、システム、サーバーの知識など多方面のアンテナが必須です。

ウェブの潮流が変わる時期に居合わせたので、過去と現在を結ぶ流れがつかめていますが、もし今からWEBデザイナーになろうと思う人は、何から始めていいのかわからないくらい風呂敷きが広がっている今、スタートに躊躇している人もいるのではないでしょうか。

そんな人にはこちらの本です。

HTML/CSS/JavaScript/PHP の言語をいきなり始めるのはハードルが高いと感じる人にオススメです。デザイン制作の流れや、サーバーやコンピュータについて、などゼロスタートで説明してくれています。

図解が多く、絵本のごとく解説を進めていくので、文章を読むのが苦手でも直感的に理解しやすのではないでしょうか。

基礎の基礎、初心者さんはわかりやすいですよ!