「プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド」はjQuery初心者に最適な参考書

プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法 笹尾 万里子, 中村 真己, 前川 昌幸:著 MDN

ストーリー

レイアウト・ナビゲーション・カルーセル・フォーム、レスポンシブではこうする。レスポンシブWebデザインでどのように構築していくか、基本的なレイアウトから各パーツの作り方まで、現場で本当に使われている手法を解説。WAI‐AREAにも対応したこれからのスタンダードです。

引用: 「BOOK」データベースより

プラス情報

〈本書の内容〉
■Chapter1 基本の確認
レスポンシブWebデザインの基本/アクセシビリティの確保/jQueryについて/SNSとの連携/Chrome DevToolsを用いたデバッグ
■Chapter2 レイアウト
1カラムレイアウト/2カラムレイアウト/CSS Flexible Box/タイルレイアウト
■Chapter3 ナビゲーション
アコーディオン/リスト/パンくずリスト/ドロワー/タブナビゲーション/ページング/プルダウン
■Chapter4 ギミック
カルーセル/モーダルウィンドウ/スムーズスクロール
■Chapter5 フォーム
フォームのスタイリング/バリデーション/郵便番号検索
■Chapter6 細かなテクニック
要素の高さを揃える/画像のトリミング/画像の遅延読み込み
■Chapter7 API・外部サービスの活用
Googleマップ/Googleカレンダー/Microsoft翻訳/YouTube/Font Awesome/Google Fonts

引用: 「BOOK」データベースより

読むネコポイント

HTML&CSSコーディングの経験者向けです。
jQuery、javascript初心者には最適かも。

レスポンシブデザインのWEBレイアウトを前面に進めているのではなく、レスポンシブに対応したコンテンツのネタ集のような感じです。

javascriptへの対応ネタが多く、コンテンツの高さ揃える問題やYoutubeの幅問題を、jQueryでサクッと解決してくれています。

ですので時期が過ぎれば古い情報になる可能性は高いですが、制作現場においては1冊用意し、困った時に参考に見るには最適です。
コピペで充分な実装可能な例題が多いです。

題名に「jQuery」と入っていれば良かったのに!

題名と中身にズレがあるのが、内容自体は良いので、勿体無いですね。