“Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]” アドセンスブログで稼ぐ

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版] のんくら(早川 修), a-ki, 石田 健介, 染谷 昌利:著 日本実業出版社

ストーリー

「なぜあのサイトはうまくいっているのか?」と一度でも思ったら読むべし!プロが教える、10年先も安定して稼ぎ続ける50の王道。

引用: 「BOOK」データベース

プラス情報

のんくら
1973年8月5日滋賀県生まれ。アフィリエイト黎明期の2003年からサイト運営をはじめる。収益の6割以上がアドセンスという「アドセンサー」の先駆者。日本アフィリエイト協議会の「アフィリエイトValuablePlayer2016アフィリエイター部門」を受賞。アフィリエイトの他、企業や個人のウェブサイトのプロデュース&コンサルティング、企業アプリのデータ開発におけるエグゼクティブアドバイザーを務めるなど幅広くIT業界で活躍中。Webサイト制作やマネタイズに関するワークショップの開催、ASP主催のセミナー講師の実績あり

a‐ki
本業のかたわら2000年ごろより趣味のギターをテーマにしたWebサイトの運営を開始

石田/健介
2004年ヤフー株式会社入社、ショッピング事業部にてマーチャント向けインターネット広告の企画・運用業務に携わる。2007年からGoogle株式会社に入社、AdSenseチームにて広告収益向上のコンサルティングを行なう。2015年にGoogleを退社して独立。現在はwebサイト・アプリの広告収益向上コンサルティングを行うなど精力的に活動中

染谷/昌利
1975年生まれ。12年間の会社員生活を経て、インターネットからの集客や収益化、アフィリエイトを中心としたWEB広告の専門家として独立。書籍執筆、企業や地方自治体のアドバイザー、講演活動も行なう

BOOK著者紹介情報

読むネコポイント

これからブログをはじめ、広告収益を本気で上げたいと考えている人の、

スタートアップの参考本としてはオススメです。

でも、基礎です。あくまでも。

この本を忠実になぞったとしても、食べれるほどのブロガーにはなれないかな、、

全ブロガーの5%ほどしか、生活できるほど稼げている人はいないらしいので。

そもそも、趣味や禊、ゆるくのんびりブログをするなら、アドセンスで儲けようと考えない方がいいかもしれませんね。
 
 
運営者は月1万アクセス超えで、月に20万円前後アドセンスで利益を上げているブロガーと直接会ったことがりますが

1日更新は8〜10回、日々ブログのことに追われていました。

要するに、完全に仕事としてやっており、副業ではなくなってました。

その様子は、気苦労が多い割には、不安定で儲けが釣り合っていないように感じました。

この本は、上記のような、アドセンスでビジネスとして本気で稼ぐ、と考えている人には、決め手に欠けるゆるい内容かもしれません。
 
 
ブログの本質について、何かしら得たいと考えている方には、サイト運営やコンテンツの質を上げることや、情報を正しく発信する、などが理解できる本です。

正論、正しきサイト・ブログ運営方法が、載っています。