【シリコンバレー】はオタクと変人の街で起きる、ドタバタIT産業成長ドラマ

「シリコンバレー / Silicon Valley」 シーズン1〜6

ストーリー

米国HBOによるテレビドラマ 2014〜

アメリカシリコンバレーを舞台に、新しいアルゴリズムのシステム開発をめぐり、

開発者のリチャードがオタクの非リア充である仲間と共に、

投資家の買収や、大手企業の横槍、資金難に揉まれながら、

ベンチャー企業「パイド・パイパー」を会社として立ち上げ成長していくコメディー。

プラス情報

出演: トーマス・ミドルディッチ, T・J・ミラー, マーティン・スター, クメイル・ナンジアニ, ザック・ウッズ

読むネコポイント

大好きなドラマです。

というのも、ITの片隅に自分の居場所を見つけた自分としましては

デジタルやシステム、プログラム、コード、など日々接しているもので、共感しまくってしまうわけです。

いけてない人のアメリカ版が日本と同じなのも可笑しい、オタクって世界共通なんだな〜と 笑

シリコンバレー』(Silicon Valley)ITオタクのリチャードは気弱な青年プログラマーがパイド・パイパー社を立ち上げる

創業当初からの仲間たち 画像左から

ギルフォイル (皮肉屋のシステム・エンジニア、悪魔崇拝、ディネシュをいじるのが趣味)

アーリック (資金などを提供しているインキュベーターでトラブルメーカーだが時に頼りにもなる)

リチャード (大人しくて気弱なコミュニケーションが苦手なエンジニア、プラグラムに関して発想が豊か)

ジャレッド (経理や事務担当、リチャードのことが大好き、服が超絶ダサい)

ディネシュ (コーダーのオトメンパキスタン移民、ギルフォイルとある意味親友)

*おまけ
ビッグヘッド (リチャードの親友、呑気で流れに身を任せてなんとかなっている不思議な子)


このドラマの見所は、短期間で急発展したシリコンバレーの舞台裏を

ユーモアと愛で、描いていることでしょうか。

発達障害者はIT産業に向いていると言われていますが、

ドラマにもその手の事がじゃんじゃん出てきます。

リチャードはしょっちゅう 「あんたアスペルガーだろ」 と言われてますし(笑)

コミュ障だけど特殊能力にたけた人、ゲーマーやプログラマー、ベンチャーキャピタルのCEO、

見ていると思わず笑ってしまう変人が目白押しです(全て愛らしいキャラです)。

オタクと変人(天才と紙一重)ばかりのシリコンバレー、デジタルやITに興味のない人でも

成長ドラマとして堪能できるコメディーで

十分に楽しめること請け合いです!