【バリー (字幕版)】殺し屋から俳優への転職希望コメディー

「バリー / BARRY」 シーズン1

ストーリー

米国HBOによるテレビドラマ 2018〜

凄腕の殺し屋バリー、元海兵隊員のヒットマンでオハイオ州クリーブランドの地味で小さな寒いアパートで孤独に暮らしています。

亡き父の友人フュークスの誘いで、特に趣味ややりたい事のなかったバリーは、人を殺すことを仕事に。

フュークスがロスのチェチェンマフィアの仕事を引き受けたことから、彼の人生が急展開します。

ロスの殺し案件最中に演劇に目覚めたバリーは、殺し屋を辞めて俳優を目指したいと考えます。

でも、フュークス、チェチェンマフィア、過去の殺しにより迫ってくる警察、といった諸問題をどうさばいていくのか、バリー!!!

プラス情報

出演: ビル・ヘイダー(エミー賞コメディ部門の主演男優賞), サラ・ゴールドバーグ, スティーヴン・ルート, ヘンリー・ウィンクラー

読むネコポイント

コロナでイマイチな日々の中、最近で1番 「わははは」 と笑ったドラマです。

面白そうだと思いつつ、前評判もあまりないしということで次に見よううと後回しにしていたのがもったいなかった!

と思えるほど、絶妙な空気感で笑わしてくれる間のいいドラマでした。

まず、主演のビル・ヘイダー、プロの殺し屋バリー・バークマン を演じていますが、

面白い人物なわけではないバリーが、すごく可笑しいのは、きっと演技上手なんでしょう。

むしろバリーはシリアスに生きています。

殺し屋で、孤独なんですから。

それが、真面目に演劇にのことで悩んだり、チェチェンマフィアに無理な要求を突きつけられればられるほど

その様子がなぜか面白いんですね。

バリーは何をするでもなく流れに身を任せてるだけです。

俳優になりたいと思い、殺し屋を引退したいのですが、叔父さんやマフィアがすんなりそうさせてくれないので。

深刻な殺しの任務中、演技のクラスメートからのLINEで「早く来て!」と言われれば

いそいそ演劇クラスに出かけていく、といった感じ。

その振り幅が、ブラックユーモアなんでしょうか。気がつくと笑ってます。

チェチェンマフィアもしょっちゅうPOPなイラストのLINEを送ってくるし

バリーは振り回されまくります。基本いい人なんですね(殺し屋だけど)。

がんばれBarry!!
 
 

まだシーズン1ですが、2を早く希望です!!